特集
たけだバーベキューの「ジビエ、料理してみました」

第18回
猪肉を二刀流でさばく! 食感を楽しむ「猪カツカレー」

カレー イノシシ 天ぷら・揚げ物 レシピ
2021.12.04

「こんにちは! BBQ芸人のたけだバーベキューです。今回は初心に帰ってカレーを作ります!」

たけださんが満を持して作るのは、猪肉をとことん味わう「猪カツカレー」!
猪肉の肩ロースを使って、ブロック肉でカツを、スライス肉でカレーを作ります。

ブロックとスライス、どちらも長崎県の猪肉専門販売店からお取り寄せ。
程よく脂がのっていて、肉の張りや色からも鮮度のよさが伝わってきます。
冷凍便で届いたので、冷蔵庫に入れて解凍。
使う前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻して調理します。

カレーの具材は、ニンジン、ジャガイモ、玉ネギ、舞茸をチョイス。
市販のカレールーに、プレーンヨーグルトを加えてまろやかに仕上げます。

猪カツの衣用に薄力粉、パン粉、卵、揚げ油にはサラダ油を用意します。
塩麹は、カツ用のブロック肉の下味に使います。

それでは、さっそく作っていきましょう!
まず、スライス肉をカットします。
「肉感を残したいので、粗めにカットしましょう」

細切りにしたら包丁で叩いて粗みじんにします。
煮込むと小さくなるので、あまり細かくしないよう注意しましょう。

鍋にサラダ油を敷き、乱切りにしたジャガイモとニンジン、櫛切りにした玉ネギを入れ、塩・胡椒をして炒めます。
ある程度火が通ったら、舞茸を手でほぐしながら鍋に入れ、最後に粗みじんにした猪肉を入れて炒めます。
「肉に火が通ったら水を入れて、このタイミングでヨーグルトも投入してくださいね!」
中火で30分煮込んだら、いったん火を止めてカレーのルーを入れます。
ルーが溶けたら弱火で10分ほど煮込めば完成です。

塩麹でやわらかさアップ! サクサク&ジューシーな猪カツ

カレーを煮込んでいる間に、並行してカツの準備をしましょう。
まず、猪のブロック肉を1~2cm幅に切って、塩麹をのせて全体に塗ります。
スプーンの背を使うか、手でまんべんなく広げましょう。
塩麹を塗って30分ほど置くと肉がやわらかくなりますが、時間がなければ塩麹を塗ってすぐ次に進んでもOKです。

まず卵を溶いて、しっかり混ざったら薄力粉と水を入れ、ダマが残らないように混ぜます。
バットは深さがあるものを選ぶと、肉に液を絡める作業がスムーズです。

パン粉をまんべんなく付けたら、サラダ油を熱した鍋にカツを投入します。
「油にカツを入れる時は、ゆっくり、静かに入れてくださいね!」
ジュワジュワと泡を立てながら、カツがスローモーションで油に沈んでいきます。

180℃の高温で2分ほど揚げると、おいしそうなキツネ色のカツが完成!
網に上げて少し置き、余熱で火を通します。

カツに包丁を入れると、「サクッ!」という音が響きました。
「これは美味しい音! 火の通り方も最高ですね」

猪カツ×猪カレーの“ダブル猪”を楽しむもよし、カツとカレーをそれぞれ味わうもよし。
家族の好みや、おなかの具合に合わせて選んでくださいね。

煮込んでも猪肉の存在感は健在! カツと合わせることを考えて、サラッとしたカレーに仕上げました。

器に盛り付けて完成! カツもドーンと1枚のせて、ボリューム満点です。

「猪肉のカツがワイルドですね~。ルーがまたいい色!」

それでは、ガッツリいただきます!
まずは、揚げたてのカツから実食。

カツをカレーの海で泳がせてから、米と一緒に口内へダイブ!
「カツがやわらかくてジューシー! 猪肉独特の歯応えと衣のサクサク感がいいですね」

続いて、粗みじんにした猪肉を実食。
狙いどおり、挽き肉にはない肉感を出せました。

「細かくしても圧倒的な存在感! 猪肉は噛み応えがあるので満足感が高いですね」
ワインを転がすように、猪肉を味わうたけださん。

食感の違いを楽しむために、ブロック肉とスライス肉を使って作った猪カツカレー。
猪カツも猪カレーも、それぞれ単体で成立している料理なので、カツ丼にしたり、カレーうどんにしたり、アレンジの幅も広がりそうです。

**********

■猪カツカレー

【材料】(2~3人前)

●猪カレー
猪肉(肩ローススライス)・・・500g
ニンジン・・・1本
ジャガイモ・・・2個
玉ネギ・・・1個
舞茸・・・1パック
プレーンヨーグルト(無糖)・・・大さじ2
カレールー・・・1/2箱
水・・・800cc
塩・胡椒・・・適量
サラダ油・・・適量

●猪カツ
猪肉(肩ロースブロック)・・・500g
塩麹・・・50g
薄力粉・・・適量
水・・・大さじ5
卵・・・1個
パン粉・・・適量
サラダ油・・・適量

ジビエの購入はこちら

**********

■プロフィール

たけだバーベキュー
1986年1月17日生まれ、兵庫県加古川市出身。
アウトドアをこよなく愛する、日本で唯一のアウトドア芸人。趣味はキャンプ・釣り・登山・ロードバイク・狩猟などアウトドア全般。キャンプインストラクター、お肉検定1級他多数の資格を持ち、雑誌や本・テレビ・イベントなど多方面で活躍中。全国各地への出張バーベキューも行っており、地域活性や地産地消を推進。出版本は累計23万部を突破! 『たけだバーベキュー式! ソロキャンごちそう肉レシピ』(宝島社)、『ほりにしやみつきレシピ』(ヨシモトブックス)など。

続きを見る