ジビエを知る

ジビエが届くまで。

野生鳥獣のお肉は、どのように私たちの食卓に届けられるのでしょうか?
衛生的に安全なジビエをいただくためには、実はハンターだけでなくさまざまな専門家が活躍し、徹底した衛生管理を行っています。

あなたの手元に届くまでの一例

1 狩猟・捕獲

ハンター・狩猟者

厳しい試験をパスしたハンター(狩猟免許所有者)が、農業被害等を防ぐために、シカやイノシシなどの野生鳥獣を計画的に捕獲しています。
特に、ジビエに活用するシカやイノシシについては、良質な肉となるように、様々な専門的な技術や工夫のもと捕獲されています。

2 処理・加工

処理・加工業者

さらに、ジビエのお肉は保健所の認可を受けた「食肉処理加工施設」で、ジビエ利用に向けた食品衛生等の専門的な知識や技術のもと食肉に加工されます。

3 流通・販売

適切に処理・加工されたお肉は飲食店や小売店、食品加工業者に卸され、おいしい「ジビエ」として私たちの食卓に届きます。