ジビエを知る

ジビエを食べると嬉しいこと

ジビエ料理は、身体にうれしい栄養素を含んだ食材でもあります。野山を駆け巡ったお肉は、脂肪が少なく健康や体型を気にする方にもおすすめ!代表的なジビエとして、イノシシ肉とシカ肉の栄養価を見てみましょう。

高タンパクで低カロリー
ジビエは栄養豊富な自然からの贈り物

栄養成分の比較(100gあたり)
イノシシ
イノシシ肉 ※1
268kcal
豚
豚肉 ※2
253kcal
※1 肉、脂身つき、生
※2 [大型精肉]肩ロース、脂身つき、生 
イノシシ肉/豚肉の比較(豚肉を1とした場合)
イノシシ肉/豚肉の比較
たんぱく質 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 脂質
イノシシ肉 18.8g 0.29mg 0.35mg 1.7mg 19.8g 2.5mg
豚肉 17.1g 0.23mg 0.28mg 0.5mg 19.2g 0.6mg

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

イノシシ肉は豚肉とさほど変わらないカロリー・脂質ですが、鉄分はなんと4倍、ビタミンB12が3倍。コラーゲンも多く美容に最適です。美味しいだけではなく健康のためにも積極的に選んでいただきたい食材なのです。

シカ
シカ肉 ※3
147kcal
牛
牛肉 ※4
317kcal
※3 ニホンジカ、赤肉、生
※4 [和牛肉]サーロイン、赤肉、生
シカ肉/牛肉の比較(牛肉を1とした場合)
シカ肉/牛肉の比較
たんぱく質 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 脂質
シカ肉 22.6g 0.32mg 0.55mg 1.3mg 5.2g 3.4mg
牛肉 17.1g 0.17mg 0.35mg 1.4mg 25.8g 2.0mg

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

シカ肉は牛肉と比較して脂質が1/5、カロリーは半分以下なのに鉄分は1.7倍!ヘム鉄と呼ばれる身体に吸収されやすい鉄分の成分が豊富で、貧血や冷え性を予防する働きがあります。

TIPS
お肉を食べてストレス軽減?! シカ肉の「アセチルカルニチン」に注目

シカ肉に多く含まれる「アセチルカルニチン」はアミノ酸の一種で、脳機能向上やストレス軽減、疲労回復の効果があると報告されています。ジビエは厳しい体調管理を求められるアスリートに適しているほか、ダイエット食や高齢者の介護食としても注目が集まっています。