ジビエを知る

全国あちこちジビエ

捕獲した動物を食資源「ジビエ」として積極的に活かす取り組みが各地で始まっています。安全で美味しいジビエを消費者に届けるだけでなく、地域の特産品としてのブランディングや新しいビジネスにつなげている、先導的モデルとなる「ジビエ利用モデル地区」が農林水産省により選定されました。

1

北海道 空知(そらち)地区 ジビエ利用空白地帯のエゾシカを集荷し札幌市など大都市圏へ道産ジビエとして販売

浦臼町に拠点となる処理加工施設を新設。周辺12市町からエゾシカを集荷し、ジビエ利用。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
ジビエ利用なし
計画[H31年度]
エゾシカ 800頭/年
取組主体
「ジビエ・de・そらち」
  • 浦臼町〔代表、事務局〕、北海道
  • (一社)北海道猟友会 美唄支部浦臼部会
  • (株)アイマトン
食品衛生管理の徹底
北海道の 「エゾシカ肉処理施設認証」 を取得予定
エゾシカ肉処理施設認証
2

長野県 長野市 ジビエカーの駆使、ICTによる安全安心の管理等により信州産ジビエの供給基地を担う

平成31年度に長野市が運営する処理加工施設がオープン。信州で育ったイノシシとシカをジビエとして地元及び首都圏へ販売。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
ジビエ利用なし
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「長野市ジビエコンソーシアム」
  • 長野市〔代表、事務局〕、長野県
  • 中条地区住民自治協議会
  • 猟友会(長野市)連絡協議会
  • (一社)日本ジビエ振興協会
  • 長野トヨタ自動車(株)
  • 信州ジビエ研究会
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」、県の「信州産シカ肉認証」を取得予定
信州産シカ肉認証
3

石川県 南加賀(みなみかが)地区 加賀温泉郷から県内・都市部への販路拡大で、ジビエ未開拓地域での産地化を目指す

小松市に拠点となる処理加工施設を新設。保冷車の活用等により、3市1町から個体を搬入。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
ジビエ利用なし
計画[H31年度]
イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「南加賀ジビエコンソーシアム」
  • 南加賀鳥獣被害対策協議会〔代表、事務局〕
  • 石川県、小松市、加賀市、能美市、川北町
  • 小松猟友会、加賀猟友会
  • 南加賀獣肉処理加工施設
  • いしかわジビエ利用促進研究会 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
4

岐阜県 西濃(せいのう)ブランチ 複数の施設が連携して首都圏レストランのシェフこだわりメニューに応じた肉を提供

揖斐川町、本巣市、郡上市の各施設が連携し、在庫調整や処理等を実施。共通のカットルールを活用し、販売。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 800頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 3,050頭/年
取組主体
「ぎふジビエ・コンソーシアム」
  • 所産業(株)〔代表〕
  • 揖斐川町〔事務局〕、岐阜県、本巣市、郡上市
  • 本巣市猟友会、郡上市猟友会
  • (一社)里山ジビエ会
  • (株)キサラエフアールカンパニーズ 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
ぎふジビエ登録制度に登録済
新規施設も登録予定
5

三重県 (伊賀市・いなべ市) みえジビエマニュアルに基づく登録制度の下、品質・衛生管理の徹底や、在庫調整機能の強化により販路拡大

伊賀市の拠点施設にて2次処理をメインに実施。食肉製造業者にて在庫及び出荷を一括管理。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 266頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,004頭/年
取組主体
「みえジビエ推進コンソーシアム」
  • みえジビエ推進協議会〔代表、事務局〕
  • 三重県、伊賀市、いなべ市
  • 三重県猟友会
  • かじか、いなべ市ジビエ工房
  • サンショク
  • マックスバリュ中部
食品衛生管理の徹底
みえジビエ登録制度に登録済
新規施設も登録予定
6

京都府・大阪府 京都丹波(たんば)・大阪北摂(ほくせつ)地区 県域を越えた広域連携で良質肉を確保、高級志向として大手百貨店等へ販売

中核処理施設を改修するとともに、一次処理施設を新設。保冷車の活用により、個体を広域的に集荷。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 402頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「京都丹波・大阪北摂 連携ジビエモデル構想協議会」
  • (株)ARTCUBE(京丹波自然工房)〔代表、事務局〕
  • 京都府、京丹波町、福知山市
  • (株)高島屋京都店、洛西店
  • 北摂ジビエ振興協議会
  • (株)ふるさと創生研究開発機構 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得:(株)ART CUBE
京都中丹認証ジビエ処理施設に登録済
京都中丹認証
7

京都府 中丹(ちゅうたん)地区 ジビエと京野菜を組み合わせた商品開発等により、ジビエの販売戦略を推進

中核施設に保冷車を導入するほか、狩猟者の人材育成や捕獲技術の向上を図り、処理加工施設への搬入を促進
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 344頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「京都中丹認証ジビエ 推進コンソーシアム」
  • (有)田舎暮らし〔代表〕
  • 京都府〔事務局〕、福知山市
  • 精肉・猪肉・鹿肉の店 浜
  • 京都丹の国農業協同組合 等
食品衛生管理の徹底
京都中丹認証ジビエ処理施設に登録済
京都中丹認証
8

兵庫県 県内広域 県内主要3産地〔播磨、但馬、淡路〕が連携し、ひょうごジビエの一大産地化を形成

既存の中核処理施設を改修するとともに、新たな処理加工施設・中継施設を整備し、県内広域のジビエを集出荷。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 640頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 6,970頭/年
取組主体
「兵庫県シカ・イノシシ丸ごと1頭活用コンソーシアム」
  • 兵庫県〔代表、事務局〕
  • 姫路市、豊岡市、淡路市
  • 兵庫県猟友会
  • 夢咲鹿工房
  • 一心水産(株)
  • (株)メリケンヘッドクォーターズ 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
9

和歌山県 紀北(きほく)地区 WEBサイト、SNS等を広く活用し、「わかやまジビエ」の魅力を幅広い層に情報発信

捕獲者と(一社)和歌山鳥獣保護管理捕獲協会が連携し、保冷車を駆使して施設に搬入。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 441頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「わかやまジビエ紀北地区 コンソーシアム」
  • (一社)和歌山鳥獣保護管理捕獲協会〔代表、事務局〕
  • 和歌山県、和歌山市
  • いの屋
  • わかやまジビエ振興協議会 等
食品衛生管理の徹底
和歌山県の「わかやまジビエ処理施設衛生管理認証」を取得済
わかやまジビエ処理施設衛生管理認証
10

和歌山県 古座川(こざがわ)町 地元産シカ肉の地産地消やアスリート向け提供など、幅広い消費拡大を展開

近隣市町の猟友会と連携し、施設への搬入頭数を増加。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 518頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,024頭/年
取組主体
「古座川ジビエコンソーシアム」
  • 古座川ジビエ山の光工房〔代表、事務局〕
  • 和歌山県、古座川町
  • 古座川猟友会
  • 南紀月の瀬温泉ぼたん荘
  • 株式会社ミーティング
食品衛生管理の徹底
和歌山県の「わかやまジビエ処理施設衛生管理認証」を取得済
わかやまジビエ処理施設衛生管理認証
11

岡山県 美作地域 ジビエカーの導入等による処理頭数増とペットフード等利用拡大により大規模拠点化

美作市獣肉処理施設が核となり、ジビエカーを導入する真庭市と連携し、処理頭数を増加させ、ペットフード等利用拡大に取り組み収益向上。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 1,219頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,848頭/年
取組主体
「みまさか有害獣利活用研究 コンソーシアム」
  • 美作市〔代表、事務局〕
  • 真庭市、奈義町、岡山県
  • 猟友会(美作市、真庭市)
  • (一社)日本ジビエ振興協会
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
12

鳥取県 東部地区 県HACCP取得施設のノウハウを新規施設へ移転し、ブランド化を促進

優良施設をモデルとし、新規施設へ処理・加工や衛生管理のノウハウを移転し、地区のブランド強化を図る。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 1,857頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 2,610頭/年
取組主体
「いなばのジビエ推進協議会」
  • (株)ふるさと鹿野〔代表〕
  • 鳥取県、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町
  • (株)大佐古組、智頭町百人委員会獣害対策部会、わかさ29工房、ちづDeer's、道の駅若桜桜ん坊、(株)サンマート、(株)鳥取銀行
食品衛生管理の徹底
鳥取県「HACCP認証」取得済(既存施設)
鳥取県「HACCP認証」取得予定(新規施設)
HACCP認証
13

徳島県 県内広域 徳島県「阿波地美栄」認証6施設のジビエの在庫一元管理、共同販売体制の構築

地域の強みである農泊と連携し、インバウンド需要を取り込むとともに、首都圏等での販売促進を図り、経営の安定を実現。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 318頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「阿波地美栄推進協議会」
  • 阿波地美栄推進協議会〔代表〕
  • 徳島県〔事務局〕、阿波市、美馬市、三好市、那賀町、海陽町、東みよし町
  • (一社)徳島県猟友会、(株)キョーエイ
  • 木沢シカ肉等加工施設、祖谷の地美栄、美馬市シカ肉等処理施設他3施設
  • 徳島大学、徳島文理大学 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得:祖谷の地美栄
徳島県「阿波地美栄施設認証」取得見込(3月)
阿波地美栄施設認証
14

熊本県 県内全域 料理人や若い農家と県内外の流通加工業者が連携して、くまもとジビエのブランド化を推進

県下10処理加工施設より枝肉を集約搬入。精肉・加工品を一括製造・管理したワンストップ受発注。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 1,358頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 2,511頭/年
取組主体
「くまもとジビエコンソーシアム」
  • 全日本司厨士協会 西日本地方本部〔代表〕
  • くまもとジビエ研究会〔事務局〕
  • 熊本県、県下8市町村
  • くまもと☆農家ハンター
  • マルコフーズ株式会社
  • マックスバリュ九州(株) 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
15

大分県 県内全域 県内全域での安定供給体制の構築・品質向上による、大分ジビエの消費拡大を推進

1処理加工施設を新設。処理加工施設の連携によるロット化等により、安定した流通体制を構築。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 1,499頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 4,600頭/年
取組主体
「大分ジビエ振興協議会」
  • 大分県(代表、事務職)
  • 県下15市町
  • (一社)大分県猟友会
  • (有)みやもと
  • (有)サンセイ
  • (株)椿説屋
  • マックスバリュ九州(株) 他20処理施設等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
16

宮崎県 延岡地区 良質なジビエ提供で、市の観光戦略“食で人を呼べる地域づくり”に貢献

市南部に処理加工施設を新設。シカについては生け捕りで搬入するなど高品質ジビエを生産。燻製や味付け肉等の食肉加工品も製造・販売。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 50頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,000頭/年
取組主体
「延岡市ジビエ振興コンソーシアム」
  • (株)マツダコーポレーション〔代表〕
  • 延岡市〔事務局〕
  • 宮崎県
  • 延岡地区猟友会
  • 吉田精肉店
  • 九州保健福祉大学
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定
17

鹿児島県 阿久根(あくね)地区 自家消費中心の経営からジビエ利用拡大を意識した販売中心の経営へ転換

市内捕獲鳥獣の概ね全頭を搬入・有効利用し、安定的にジビエを提供。
もっと見る
目標
現状[H28年度]
シカ、イノシシ 1,242頭/年
計画[H31年度]
シカ、イノシシ 1,500頭/年
取組主体
「阿久根市鳥獣被害防止対策協議会」
  • 阿久根市〔代表、事務局〕
  • 鹿児島県
  • 阿久根市猟友会
  • 脇本猟友会
  • (一社)いかくら阿久根
  • 鹿児島県いずみ農業組合 等
食品衛生管理の徹底
国の「国産ジビエ認証」を取得予定