特集
レシピ

おうちで簡単!ジビエレシピ
「鹿ボール」

シカ
2020.11.21

「ジビエ料理」というと、レストランでしか食べられないと思っていませんか?
今は、鹿肉や猪肉などジビエがネット通販で手軽に手に入るようになりました。
作り方も、家庭で手軽にできるレシピがたくさん!さっそく紹介しましょう。

風味の強く脂肪分の少ない鹿肉に、豚バラ肉を加えることで食べやすくしました。さらに加熱し過ぎで固くなることもありません。鹿肉はミンチにするためどんな部位でも利用でき、気になるコスパも抜群です。付け合わせには、野生の鹿がエサとして食べるサツマイモを使えば、相性はバッチリ! お好みで角切りにしたリンゴ、黒胡椒やバジルを添えても美味しいですよ。

**********

【材料・分量】(4人分)
鹿肉(どの部位でもよい)・・・200g
豚バラ肉・・・100g
玉ネギ・・・120g
塩・・・4g
バター・・・30g
卵・・・1個
牛乳・・・80ml
パン粉・・・40g
ナツメグ・・・適量
クミン・・・適量
赤ワイン・・・300ml
トマト缶・・・150g
生クリーム・・・20ml
ハヤシライスのルー・・・40g
塩・胡椒・・・適宜

【付け合わせの材料】
サツマイモ・・・2本
バター・・・40g
生クリーム・・・50ml
牛乳・・・100ml

**********

【作り方】
① 玉ネギをみじん切りにし、塩(4g)と胡椒を振り、バターをのせ電子レンジで約4分加熱する。しっかり火が通ったら粗熱を取っておく。※同じ分量をフライパンで炒めてもよい

② 鹿肉と豚バラ肉をミンチにする(フードプロセッサーがない場合は包丁でたたく)。塩・胡椒、ナツメグ、クミンを加えよくこねる。

③ 粗熱の取れた①に、②、卵、牛乳を浸したパン粉を加えてさらに練る。直径3cmくらいの大きさに丸める。

④ フライパンでバター(分量外)を熱し、③を入れる。転がしながら表面に焼き色が付くまで焼き、1度取り出す。

⑤ ④のフライパンの余分な油を捨てたら、赤ワインを一気に注いで軽く煮詰める。

⑥ ⑤にトマト缶を加える。ふつふつと沸いてきたら生クリームを加え、ハヤシライスのルーを少しずつ溶かす。ルーが溶けたら塩・胡椒で味を調節する。コクが足りない場合は、お好みでバターを足してもよい。

⑦ ⑥に④のミートボールを加え、10分~15分ほど煮たら完成。

【付け合わせ「サツマイモの簡単マッシュ」の作り方】
① サツマイモを1cm厚さに輪切りにし、ぬらしたクッキングペーパーとラップでくるみ、電子レンジで約6分加熱する。

② ①が中心までやわらかくなったのを確認したら、皮を外してつぶす。

③ 鍋に②とバター、生クリーム、牛乳を入れ、混ぜながら火にかけてひと煮立ちしたら完成。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

**********

※レシピは、 日本ジビエ振興協会の公式サイト内「ジビエ料理のレシピ」より一部抜粋して紹介しています。

日本ジビエ振興協会は、ジビエの衛生的な処理やおいしい食べ方に関する知識の普及を行う団体です。ジビエ料理の普及拡大によって増え続ける鳥獣被害を減らし、地域の活性化を目指しています。

**********

続きを見る