飲食店、ショップを探す
飲食店

肉好きの店長が厳選した肉料理がズラリ! 「青柚子(あおゆず)」

居酒屋 愛知 シカ イノシシ
2019.09.25

東海エリアの玄関口、名古屋駅からも程近く、多くのオフィスビルが立ち並ぶ伏見エリア。そこで仕事帰りの人々をこだわりの肉料理で癒しているのが、今回ご紹介する店「青柚子」です。

店は、名古屋を東西に走る幹線道路、錦通沿いにあるビルの地下1階にあります。

名古屋観光ホテルのはす向かい、目印は「ジビエ肉もチカラ入れてます。」の看板です。

細い階段を下りた先の扉を開けると、シックな空間が広がります。ここ「青柚子」では、店内の熟成庫で熟成させたアメリカ産牛肩ロースのほか、和牛、国産牛、牛タンなど…、さまざまなドライエイジングミートをいただくことができます。

4年ほど前からメニューにジビエを取り入れた理由は、店長の加藤人士さんが初めて食べたジビエに衝撃を受けたから。「とても新鮮なジビエは、噛みしめるほどに旨味が増幅し、肉好きの私を虜にしてしまったんです」。

その後、知り合いから紹介されたのが、愛知県岡崎市を中心に活躍する「中部猟踊会 三州マタギ屋」。その丁寧な仕事と技術に惚れ込んで、年間を通して鹿と猪を仕入れているそう。

「年間を通し、一頭買いをすることで、いろいろな部位が手に入るのはもちろん、季節ごとの味の違いを楽しんでいただくことができます」と加藤さん。

定番のモモやロース、ヒレはステーキで、そのほかの部位はパテやテリーヌ、煮込み料理、チャーシュー、おでんなど、その日の気分で調理します。運がよければ、希少部位である骨つきのスネ肉と出会えることも♪

2種盛で自慢のジビエを食べ比べ

こちらでジビエをいただくなら、「2種盛」(1,950円・税抜)がおすすめ。

愛知県産の鹿と猪がひと皿にのったメニューですが、部位は日替わりです(取材時はモモ)。炭火で一気に表面を焼き上げて、その後肉を休ませながら余熱でじっくりと火入れした肉は、どちらもしっとりジューシー。

まずは小皿に添えられた岩塩と完熟胡椒でいただきます。ジューシーで力強い旨味に、ブラックペッパーのさわやかな香りがとてもマッチ。

「世界一美味しいと言われるカンボジア産のクラタペッパーが、ジビエとの相性抜群です」と加藤さん。お好みでオリジナルの柚子唐辛子味噌を。数種類をブレンドした味噌と柚子胡椒、そこにフレッシュな柚子の皮が加わり、ジビエの野性味あふれる味わいをさらに引き立たせてくれます。

岡崎産の猪と八丁味噌の新しい出会い

続いていただいたのは、脂ののった猪を八丁味噌で煮込んだ「岡崎ジビエと八丁味噌のZAKIOKA煮込(750円・税抜)」。猪、八丁味噌、どちらも岡崎産です。

ポイントは、オリーブオイルとバターで炒めた香味野菜と、ジビエの骨からとった出汁。そこに八丁味噌と酒粕、塩麹などを加えることで、とてもまろやかでさっぱりとした味わいに。猪と味噌との好相性に、ついお酒も進む一品です。

記念日には豪勢に7種盛でお祝いを!

最後に、ちょっと贅沢な「7種盛」(6,500円・税抜)をいただきました。

こちらは鹿と猪の2種盛りに加えて、店自慢の肉5種類が贅沢に盛られています。花火の演出もあり、誕生日などの記念日を華やかに演出してくれそう。

アメリカ産の牛や静岡県産のキジ、ハンガリー産の鴨など、さまざまな種類の肉の食べ比べは、肉好きにはたまらないひと時です。

豊富なドリンクと、こだわりの肉料理と一緒に楽しんでみてはいかがですか?

続きを見る