飲食店、ショップを探す
飲食店

こだわりの焼き鳥と共に気軽にジビエを楽しめる 「焼き鳥 ポロ助」

愛知 シカ イノシシ 焼き鳥
2019.09.25

愛知県の名古屋駅周辺でひときわ賑わいを見せる名駅3丁目。多くの企業やショップが入る大名古屋ビルヂングをはじめ、昔ながらの長屋を利用した居酒屋やビジネスホテルが混在する名古屋の中心地です。

今回ご紹介する店「焼き鳥 ポロ助」は、そんな名駅3丁目にひっそりと佇む隠れ家です。

レトロな階段を上った先のドアを開けると、打ちっ放しのコンクリートに囲まれたオシャレな空間が。ここは炭火でじっくりと焼き上げる焼き鳥と、イタリア産のワインが楽しめる大人の焼き鳥店。

程よい歯ごたえが特徴の錦爽鶏(きんそうどり)を使用した焼き鳥以外にも、全国から鹿や猪をはじめ、ウサギ、ウズラ、キジなどの珍しい食材がそろうのが魅力です。

囲炉裏で焼き上げるジビエは絶品

入口すぐの囲炉裏で、ジビエをじっくり約20分かけて焼き上げる様子に自然と期待も高まり…。

「最高の状態でお客様に食べていただくには、火を入れる際、肉の状態を確認することが大切。特に肉に含まれる水分を損なわないよう、弾力を確かめながら火入れ具合を見極めています」と話すのは、店長の安江政哉さん。肉の余分な油を落としながら、ジューシーに焼き上げる炭火のプロです。

安江さんの焼きの技は、ジビエを提供するイタリア料理店で習得。「ジビエは個体によって、それぞれ個性がある。それを最大限に生かすため、日々精進しています」。

こだわりの塩でシンプルにいただく贅沢なひと口

最初にいただいたのは、「イノシシのロース」(1,260円・税抜)。フランス産の自然海塩、フルール・ド・セルでシンプルにいただく贅沢な一品は、やわらかい赤身と甘くコクのある脂のハーモニーが最高です。

「イノシシは冬にかけて旨味を増すので、これからの時期におすすめですよ」と安江さん。お好みでわさび、またはバルサミコ酢と醤油を使用した特製ソースと一緒にいただくと、また違った味わいが楽しめます。知多半島の有機農家から直送される新鮮な野菜も絶品です。

続いて、「鹿のモモ肉」(1,180円・税抜)を。こちらは山々を駆け回る鹿の野性味を存分に味わえる部位。その肉質はやわらかく、クセがないためジビエ初心者にもおすすめです。

「高タンパクで低脂肪の鹿肉は、栄養価の高いジビエです。抗酸化物質も豊富に含まれているので、身体にも優しい食材なんですよ」。

こちらにもおなじく旬の有機野菜が添えられています。

ジビエとしてはポピュラーな鹿や猪はもちろん、本格的なシーズンを迎える冬季には鳥類や熊などもメニューに登場する予定。通に好まれる穴熊に出会えることも。

「ジビエに合うイタリア産のワインをそろえて、皆さまのお越しをお待ちしています。ワインはリストに載っていないものもあるので、スタッフに尋ねてくださいね!」

近年、盛り上がりを見せるジビエ料理を、カジュアルな焼き鳥店で楽しんでみてはいかが?

続きを見る