特集
レシピ

おうちで簡単!ジビエレシピ
「鹿肉のマフェ」

シカ 煮込み レシピ
2022.11.03

「ジビエ料理」というと、レストランでしか食べられないと思っていませんか?
今は、鹿肉や猪肉などジビエがネット通販で手軽に購入できるようになりました。
作り方も、家庭で手軽にできるレシピがたくさん!さっそく紹介しましょう。

マフェとは、セネガル共和国などの西アフリカ地域で食べられているピーナツバターで煮込んだ家庭料理です。本場では主に羊肉を使うのですが、今回は鹿肉で作ります!コクがあって滑らかなピーナツバターのシチューが鹿肉の旨味と合わさって非常に美味しい一品です。(白米も進みます!)ぜひ一度お試しください。

**********

【材料・分量】(4人分)
鹿モモ肉・・・300g
ニンニク・・・1片
サラダ油・・・適宜
カットトマト缶・・・200g
トマトペースト・・・大さじ1
玉ネギ・・・1個
水・・・700cc
ピーナツバター(無糖)・・・200g
固形ブイヨン・・・1個
乾燥エビ・・・大さじ1
納豆・・・1/2パック
鷹の爪・・・1~2本
ニンジン・・・1本
ジャガイモ・・・2個
塩、胡椒・・・適宜
ご飯・・・約2合
お好みでチリペッパー

**********

【作り方】
①角切りにした鹿肉に塩、胡椒、すりおろしたニンニクで下味をつけ、サラダ油で焼き色をつける。
②みじん切りにした玉ネギ、カットトマト缶、トマトペーストを加えて炒める。
③水、ピーナツバターと固形ブイヨン、鷹の爪を加えて煮込む。
④みじん切りにした乾燥エビ、納豆を加え、塩、胡椒で味を整える。
⑤水を足しながら、1時間半くらい煮込む。
⑥カットしたニンジン、ジャガイモを加え、柔らかくなるまで煮込む。
⑦ご飯にかけて出来上がり。辛いのがお好みの方はチリペッパーをかけてどうぞ。

【豆知識】
納豆は、西アフリカで広く使われる調味料「スンバラ」の代用。豆を発酵させたもので、セネガル共和国ではウォロフ語で「ネテトゥ」と呼びます。ちょっと「ナットウ」に音が似ていますよね。
セネガル共和国は、海に面しているので海産物が豊富。アフリカの中でも食卓に海のものが並ぶ独自の食文化が根付いています。乾燥エビは、マフェに用いる干し貝の代用です。そして、現在のセネガル共和国の主食はお米。ごはんにカレーのようにマフェをかけて食します。

【ワンポイント】
煮込んだ後に少し寝かせると、もっとおいしく!

ピーナツバターのオイルが分離して写真のようになったら、おいしくなったサイン!
もう一度温めてお召し上がりください。

ジビエの購入はこちら

**********

続きを見る