動画

野生鳥獣が出口に繋がる架け橋になるために。「西日本ジビエファーム」代表 仲村真哉

山口県 動画
2020.11.24

SDGsの実現に向けて「サステナビリティ」(持続可能性)という考え方が注目を集めています。
農業などの鳥獣被害を背景にしたジビエ利活用はまさにSDGsそのもの。
今回は、クローン病という病気をきっかけに自ら狩猟免許を取得し、山口県で食肉処理施設「西日本ジビエファーム」を設立した仲村 真哉さんを取材。
シカやイノシシなど捕獲した動物の約9割が廃棄されている現状を変えよう、マイナスの存在である野生鳥獣がジビエとして地域に恩恵をもたらすプラスの存在に転換させようと奮闘する様子を紹介します。

続きを見る