レストラン、ショップを探す
レストラン

エゾシカマイスターのヘルシージビエ料理と自然を満喫。家族におすすめの温泉リゾート「きたゆざわ森のソラニワ ア・ラ・ソーヤ」北海道伊達市大滝区

北海道 エゾジカ シカ ホテル・旅館 パスタ・ピザ 煮込み
2021.08.14

北海道伊達市大滝区(旧大滝村)は、2006年に北海道南西部の伊達市と飛び地合併したエリア。札幌からおよそ2時間、新千歳空港からは約90分とアクセスも良好ながら、洞爺湖(とうやこ)や支笏湖(しこつこ)に囲まれ、北海道ならではの大自然と四季の変化を感じることができる地域です。

その大滝区にある「きたゆざわ森のソラニワ」(以下、森のソラニワ)は、森のアスレチックコースなどがファミリーに人気の天然温泉リゾートホテル。館内のレストラン「ア・ラ・ソーヤ」では家族で気軽にジビエを楽しむことができると聞き、お話を伺ってきました。

広大な店内にあふれる木の温もり

「ア・ラ・ソーヤ」はアメリカの作家マーク・トゥエインの「トム・ソーヤーの冒険」の世界観をモチーフに演出されています。ビュッフェのみの利用も可能で、夕食のみ日帰りバイキングは大人3,500円、小学生2,000円、3歳以上1,000円(各税込)です。
※利用の際は事前予約が必要となり、宿泊の多い日については案内ができない場合があります

木の温もりたっぷりなインテリアが並ぶ開放感ある空間に、ハンモックやツリーハウスなどが目を引きます。外の天気に関わらず、ゆったりとしたアウトドア気分にひたれそうです。

広い店内ですが、どこの席からも全面ガラスを通して森を見ながら食事ができる素敵な空間になっています。

小さなお子様が楽しみながら食事ができるような環境を作ることで、親御さんにもゆっくり過ごしてもらえるようにと工夫されています。

蝦夷鹿料理は豊富なビュッフェの目玉

フロア中央のビュッフェコーナーには、栄養バランスにこだわった豊富なメニューがずらりと並びます。

特に地元食材の魅力発信にも力を入れていて、ジビエ料理コーナーを「ア・ラ・ジビエ」と銘打ち、なかでも蝦夷鹿料理のオリジナルメニューが目玉です。「森のソラニワ」オープン当初より、タンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラルの五大栄養素をとっていただくというこだわりがあり、蝦夷鹿の栄養価に注目し2006年から蝦夷鹿料理の提供を始めているんだとか。

その蝦夷鹿料理のメニュー開発を手がけるのが、社団法人エゾシカ協会認定のエゾシカマイスターであり、「森のソラニワ」総料理長の五ノ井 孝浩(ごのい たかひろ)さんです。

五ノ井さんは、北海道広尾町の生まれで調理学校を卒業後、札幌のホテルや「ザ・ウィンザーホテル洞爺」などを経て、2006年から「森のソラニワ」のシェフに就任しました。兼ねてより蝦夷鹿の食材としての魅力に引かれていたと言い、その美味しさを最大限に引き出す料理開発に励み、エゾシカ協会AAOマイスター認定証を取得。AAOマイスター認定制度とは、AAO(=安心・安全・おいしくてヘルシーなエゾシカ肉)の普及・拡大に尽力する料理人に対して与えられるもので、毎年志の高い方々が認定を受けています。

そんなマイスターが考案した蝦夷鹿料理のなかでもシェフご本人おすすめのメニューが、「森のビーフシチュー」と「森のボロネーゼ」です。

じっくりと煮込まれた蝦夷鹿肉がたっぷり入ったビーフシチューは、ジビエ料理コーナーでも一番の人気メニュー。

ゴロッと大きな蝦夷鹿肉を頬張ると、ワイルドな見た目に反して口の中でホロホロとほどけていくようなやわらかさです。あふれ出す肉汁と野菜たっぷりのシチューの風味が噛むほどに混ざり合い、舌を楽しませてくれます。自社農園野口北湯沢ファームのジャガイモも、ライ麦パンと一緒に食べればさらに美味しくいただけます。

シチューと並ぶ人気メニューが「森のボロネーゼ」です。麺は仕上げの湯通しを自分でして、モチモチになったところにソースをかけていただきます。

じっくり蝦夷鹿肉を煮込んで作られたミートソースは肉の旨味が引き出されていて、野趣あふれる蝦夷鹿の豊潤な味ながら、脂分の少ないさっぱりとした食感がモチモチの麺と絡み、ヘルシーさも満足感も◎のパスタに仕上がっています。

ほかには、酒と紹興酒でボイルした蝦夷鹿バラ肉をのせた「冷やしラーメンサラダ」(写真上)、焼いた蝦夷鹿バラ肉をのせた「エゾシカ焼肉ラーメン」、鹿肉の挽肉を使った「炒飯」、さらに「青椒鹿肉」など、季節に合わせた蝦夷鹿料理を楽しめます。

「ア・ラ・ソーヤ」では、実演コーナーもあり、「トム・ソーヤーの冒険ステーキ」はおすすめ。焼き立ての牛肉ステーキをアツアツのうちに食べることができます。

料理を楽しんだあとは、四季を経て変化する森の景色、夜には満天の星空など、北海道らしい魅力が詰まったリゾートが待っています。札幌の賑わいから少し離れた静かな伊達市大滝区へ足を伸ばして、エゾシカマイスターこだわりのヘルシージビエと大自然に心身ともに癒されてみてはいかがでしょう?

  • ジビエトの掲載店舗は「野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針(ガイドライン)」に基づいた仕入れ、加熱調理等がされていることを確認しています。
  • 掲載内容は取材時のものです。営業時間などの最新情報はお出かけ前に各店舗の公式HP等にてご確認ください。
続きを見る

エリアからジビエ料理のレストランを探す