特集
たけだバーベキューの「ジビエ、料理してみました」

第6回
特大骨付き肉を特製ソースで楽しむ
「猪スペアリブのBBQ風煮込み」

イノシシ
2020.10.30

「こんにちは! BBQ芸人のたけだバーベキューです。
スペアリブを使った料理はたけだの定番なんですが、今回は猪肉で作ってみたいと思います。
ダッチオーブンを使って煮込み風に仕上げます!」

今回は、広島県産の天然猪肉をお取り寄せ。
箱を開けた瞬間、「デ、デカい!!」と目を丸くするたけださん。
それもそのはず、3本で約1kg!
超ビッグサイズのスペアリブが届きました。

冷蔵庫で解凍して、使う前に冷蔵庫から取り出して常温に戻します。
長さは約30cm。山賊の宴に出てきそう!

今回の付け合わせには、ジャガイモを。
調味料はバーベキューソース、フレンチマスタード、ハーブソルト、胡椒と、いたってシンプル。
味の決め手はバーベキューソースです。

それでは調理に入りましょう。
まず、ハーブソルトと黒胡椒でスペアリブに下味を付けます。
すると、「コレ、鍋に入るかな…」と、たけださんがポツリ。
その瞬間、ノコギリとナタが登場した過去の体験が蘇ります。
しかし、そこはバーベキューの達人。
「これでどうだっ!!」と叫びながら、巨大ダッチオーブンを取り出しました。

ドキドキしながらスペアリブを入れてみると…、
見事、ぴったり!(ギリギリ!)
オリーブオイルを熱してからスペアリブを並べて、焼き色を付けます。
「一般的なサイズのスペアリブなら、鍋を使わずアルミホイルに包み、魚焼きグリルなどで蒸し焼きにしても美味しく作れますよ」

両面に焼き色が付いたら、フレンチマスタードを投入。
まんべんなくスペアリブにかけていきます。

続けて、ジャガイモを入れ、塩をひと振り。
ジャガイモは皮付きのまま、丸ごと入れて煮込みましょう。

漬け込んだように味がしみしみ! バーベキューソースで作る簡単煮込み

鍋に蓋をして、中火で煮込むこと約15分。
いい香りがしてきたところで、蓋をオープン!

「お~、いいですね! さあ、ここから仕上げです」
トングで肉をひっくり返し、今度はバーベキューソースを全体に回しかけます。
蓋をして、中火で煮込むこと10~15分。

蓋を開けると、テリテリのスペアリブ煮込みが完成~!
食材と調味料を入れただけで、お店で味わえるようなスペアリブ料理がこんなに簡単にできちゃいました。
ダッチオーブンや圧力鍋の場合は、時短料理が可能ですが、普通の鍋を使う場合は、肉の状態を見ながら火入れの時間を調整しましょう。

ソースをしっかり絡ませてから盛り付けます。

切らずに丸ごと盛り付ければ迫力満点!
ホームパーティのメインディッシュにもぴったりです。

スペアリブはやっぱり手づかみ!かぶりつけば、旨さ倍増

「むっちゃ、いいニオイ。たまらん!」
いよいよ実食です!

骨付き肉をむんずとつかみ、目を輝かせるたけださん。
「コイツはごっついですね~。重さもずっしり!」

両手でつかんで「ガブッ!」と一撃!

「うりゃ~~~っ」と雄叫びを上げ、骨から肉をはぎ取るたけださん。
その気迫たるや、もはや格闘技!
「この、骨の際の肉がウマイんですよ。手づかみで食べるとさらにウマイ!」

ジャガイモはナイフ&フォークで。
「ジャガイモのホックリ感と濃い目のソースがむっちゃ合う!」
ジャガイモの皮もアクセントになって、口の中の脂をリセットしてくれます。

「猪のスペアリブは脂身を楽しむ肉ですね。サクサクした独特の食感もクセになります」
普段あまり脂身を好んで食べないたけださんも、猪の脂身は胃がもたれず、美味しく食べられると大絶賛。
「これだけ脂がウマイと、ラフテーやチャーシューにしても美味しいはず!」
分厚い脂身に熱い視線を送りつつ、次なる猪レシピに夢を膨らませるたけださんでした。

**********

■猪スペアリブのBBQ風煮込み

【材料】(3~4人前)
猪スペアリブ・・・1kg
ジャガイモ・・・6~7個
バーベキューソース・・・1カップ
フレンチマスタード・・・150cc
ハーブソルト・・・適量
黒胡椒・・・適量
塩・・・適量
オリーブオイル・・・適量

**********

■プロフィール

たけだバーベキュー
1986年1月17日生まれ、兵庫県加古川市出身。
アウトドアをこよなく愛する、日本で唯一のアウトドア芸人。趣味はキャンプ・釣り・登山・ロードバイク・狩猟などアウトドア全般。キャンプインストラクター、お肉検定1級他多数の資格を持ち、雑誌や本・テレビ・イベントなど多方面で活躍中。全国各地への出張バーベキューも行っており、地域活性や地産地消を推進。出版本は累計20万部を突破!『最強!肉レシピ』/池田書店刊、『鉄板!バーベキュー焼きそば』/ヨシモトブックス刊など。

続きを見る