レストラン、ショップを探す
レストラン

リピ率ナンバーワン!蝦夷鹿肉と野菜たっぷりホットなスープカレー「SOUP CURRY & BAR SPICE TIGER(スープ カレー&バー スパイス タイガー)」北海道日高郡新ひだか町

北海道 カレー エゾジカ シカ カフェ ランチ
2020.03.11

北海道日高郡みゆき通り商店街に、アメリカ西海岸を思わせるクールな佇まいの店があります。

スープカレー専門店とバーという二つの顔を持つお店が、今回紹介する「SOUP CURRY & BAR SPICE TIGER」(以下、「SPICE TIGER」) です。

店内には、ヒグマの子どもの剥製や鹿の角があります。猟師さんから寄贈されたそうです。

今回、ご案内をしてくださったのは富岡 恵さん。オーナーの富岡大貴さんはニセコの方の店舗に出張しており、妻である恵さんが静内店で切り盛りを任されています。
「旦那が札幌のスープカレーの店で修行し、実家である静内に、2017年5月、店を開くことにしました」。

店内はウッディでオシャレな空間が広がっています。

ゆったり過ごすことができるソファ席もあります。

「SPICE TIGER」では、定期的にライブイベントを開催しているそうです。出演アーティストは、あの有名なシアターブルックの佐藤タイジ氏をはじめ、EVISBEATS、CHAN-MIKAなどで、店内のBGMも彼らのカッコイイ音楽が流れていました。

地元食材の素材の味を大切にした一皿

「SPICE TIGER」の売りは、野菜の旨味が溶け込んだスープカレーです。ジビエを使ったメニューもあると聞き、さっそく調理をしていただきました。

野菜は自然な素材の味を生かすため、軽く素揚げします。もちろん野菜は地元で採れたものを使用。たっぷりの野菜は、体によさそうな雰囲気です。

蝦夷鹿のモモ肉は、中までしっかり火が通るように焼きます。

スープは北海道産鶏ガラ、日高昆布、豚骨などから出汁をとり、オリジナルスパイスを調合して作っています。

先ほど素揚げした野菜と、グリルしたモモ肉を盛り付けたら自家製スープカレーを入れて、出来上がりです。

野菜も鹿肉もたっぷり!女性にも人気のヘルシーメニュー

こちらの「エゾ鹿肉と野菜のスープカレー」(1,345円・税込)は、ライスの量が、小、中から選べて、プラス100円で大盛りにすることも可能です。

スープカレーの中には、色とりどりの野菜が浸っています。ナス、ジャガイモ、ブロッコリー、ピーマン、ゴボウ、ダイコンは素揚げされており、他には煮込みキャベツ、ミニトマト、水菜など野菜たっぷり! ゆで卵がのったビジュアルも◎で、女性にも人気のよう。取材中も女性のお客様がこちらを注文していました。

レモンが添えられているライスは北海道産ななつぼしを使用しています。鹿肉はなんと15切れも入っていました!

ライスと鹿肉と野菜を均等にスプーンに乗せ、香ばしいスープにしっかりと浸し、染み渡るのを待ってから口に運びます。

素揚げした野菜のサクサク食感、生野菜のみずみずしさがスパイスの芳香をまとって食欲の扉を一気に開いてくれた次の瞬間、肉の旨味が押し寄せてきます。異なる野菜をスプーンで運ぶごとに違った味わいが広がり、ボリューミーながら最後まで飽きることがありません。これでヘルシーなのですから、うれしい限り。

ジビエをメニューに取り入れた理由を尋ねると、「私自身、鹿肉が大好きなんです」と富岡さん。鹿肉に惚れ込み、他店でも鹿メニューを見ると必ず注文し研究を重ね、地元野菜との相性もぴったりな名物メニューを完成させたそうです。

また、夜にはクラフトビールのおつまみとしていろいろな鹿肉メニューも提供していてそちらも人気があるとか。

北海道の産物がたくさん詰まったスープカレー。ここ、「SPICE TIGER」でしか味わえない味をぜひ一度試してみてはいかがですか?

  • ジビエトの掲載店舗は「野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針(ガイドライン)」に基づいた仕入れ、加熱調理等がされていることを確認しています。
  • 掲載内容は取材時のものです。営業時間などの最新情報はお出かけ前に各店舗の公式HP等にてご確認ください。
続きを見る

エリアからジビエ料理のレストランを探す