飲食店、ショップを探す
飲食店

古民家の囲炉裏で味わう白山ジビエ! 「一里野高原ホテル ろあん」

温泉 旅館
2019.03.08

石川県の白山一里野高原にある温泉宿「一里野高原ホテル ろあん」。金沢や白川郷などの観光地に近く、林の中の美しい露天風呂や、囲炉裏で味わう炭火焼き料理が自慢のホテルです。

ここでは、地元産の猪と熊の肉を使ったジビエ料理を通年で提供。白山麓の大自然で育った動物を地元猟師が捕獲し、ジビエ専用の加工施設でプロが丁寧に処理しています。

「白山ジビエぼたん鍋」

白山ジビエの肉は独特のクセや硬さがほとんどなく、食べやすいのが特徴です。既存の人気メニューは「白山ジビエぼたん鍋」(1人前3,800円・税込・写真は2人前)。

柔らかくコクのある猪肉がたっぷり入った、味噌仕立ての鍋料理です。白山名物の硬くてどっしりとした豆腐「白山堅豆腐」も入っており、ダシがしっかり染みていて絶品!世代を問わず楽しめます。

「猪のトマホークステーキ」

そして新たな通年メニューが誕生! 熟成肉を使った「猪のトマホークステーキ」(1本1,600~2,100円・税込)と「猪のリブロース」(1本約100g800円・税込)です。

「猪のトマホークステーキ」は、熱々の鉄板で焼かれた骨付きの分厚い猪肉に、自家製の味噌だれをかけて絡めながら食べます。猪肉は旨みあふれ、甘みのある脂身が絶妙!

「猪のリブロース」

一方の「猪のリブロース」は、ひと口サイズの骨付き猪肉を囲炉裏の炭火でじっくりと焼いて食べます。自分で焼けるので、SNS映え間違いなし! 肉は気になるクセがなく、塩とレモンでさっぱりと食べるのがおすすめです。

「一里野高原ホテル ろあん」では、宿泊や日帰り休憩プランでの利用はもちろん、食事のみの利用も可能(ただし、食事のみ利用する場合は前日までに要予約)。本記事でご紹介した料理は、食事のみの利用の場合、施設内にある築100年の古民家飲食店「囲炉裏食事処 弥助どん」で味わえます(宿泊客は食事会場での提供)。材料の仕入れ状況により提供不可の日があるため、事前の問い合わせがおすすめです。

「囲炉裏食事処 弥助どん」

白山麓の自然の恵みを感じる滋味豊かなジビエ料理、ぜひ味わいに訪れてみては?