飲食店、ショップを探す
飲食店

日本で2台しかない魔法のロースターで焼きジビエ「塊肉専門店 大衆酒場とろり」

居酒屋 埼玉 シカ
2020.03.30

埼玉県の南西部、東京・足立区に隣接する草加市。東武鉄道伊勢崎線草加駅東口から徒歩2分という駅チカにある「塊肉専門店 大衆酒場とろり」が、今回紹介するお店です。

居酒屋らしい暖簾をあしらった大きな看板を目印に、喫茶店が入るビルの細い階段を3階へと上がります。

ここは鹿肉をはじめとした珍しい肉の料理を味わえる居酒屋です。清潔感ある明るい店内は女性だけのグループでも楽しく過ごせそう。

出迎えてくれたのは店長の盛 憲太さん(左)と料理長の今井雄大さん(右)。元気いっぱいの笑顔が素敵なお二人。以前、大宮で人気の肉バルの店に勤めていて、肉料理に精通。オープン当初はTORORIという名でラクレットチーズの店だったここを、盛さんが店長になってから、現在の肉料理メインの居酒屋にリニューアルしたのは昨年の夏のことです。
「草加は都内にも近く、商売するには正直難しいエリアです。でも、地元で愛される店になりたいと思って取り組んでいます」と盛さん。

炭火の遠赤外線で蒸し焼きにするから驚くほどしっとり!

お店のウリは、日本にはまだ数台しかないという韓国発の「SGロースター」を使った肉料理です。
盛さんによると、「SGロースターは韓国では富裕層向けのレストランで使われているものです。炭火の遠赤外線で蒸し焼きにするので、余計な脂を落としつつもしっとりと焼き上がる魔法のロースターなんです」とのこと。
さっそく「北海道産 蝦夷鹿もも肉」(1,200円/100ℊ・税抜)を焼いていただきました。

こちらが炭火で焼くSGロースター。一般的な焼肉などのグリルは焼き網の下にだけ炭火が入っていますが、こちらは焼き網の下に水と炭火、そして、盛さんが手に持っている蓋の中にも炭火が入っています。これを使って、お客さんの前で焼き上げてくれるのです。

網の上に、塩・胡椒をふった蝦夷鹿の塊肉をのせます。

そして蓋をして下からも上からも炭火でじっくりと火を通していくのです。「焼いている間、煙も臭いも出ないのもすごいところなんですよ」と盛さん。

蓋を開けると姿を見せるは、よい色合いに蒸し焼きされた肉の塊。

それをハサミで食べやすいサイズにカットしていきます。このライブ感は盛り上がること必至。食欲をそそるうえ、見ているだけでもお酒が進みそうです。

お皿に盛り付けたら、ワサビと粒マスタードを添えてお客さんのもとへ。

ワサビを付けてつけてひと口…。ん~…、なんてしっとり!それでいて肉らしい噛み応えもある絶妙なやわらかさで、この鹿肉を目当てに訪れるお客さんが多いというのも納得です。

SGロースターではほかにも牛肉や豚肉、鶏肉のほか、「オーストラリア産 ワニ肉」(1,200円/100ℊ・税抜)「スペイン産 兎」(2,500円/半身・税抜)などの珍しい肉も味わえます。

地元に愛される店を目指して切磋琢磨中

大衆居酒屋らしく、こちらのお店はつまみから焼物、揚げ物など一品料理も豊富です。そのなかにもジビエ料理「鹿肉豆腐」(590円・税抜)があります。

シンタマをはじめとした蝦夷鹿肉と大根などを醬油ベースのタレで2時間ほど煮込んだ一品です。スキレットに盛り付けてSGロースターで温めてくれます。

テーブルに届く鹿肉豆腐はアッツアツ!もともとは牛スジ肉でこの料理を提供していたところ、鹿肉豆腐を出してみたらこちらのほうが人気になり、現在は鹿肉豆腐一本でやっているとのこと。生姜の風味とちょっと濃い目の味付けが、お酒とも相性抜群です。

「地元に愛される店になりたい」という言葉どおり、ここにはお客さまファーストのサービスがたくさんあります。

黒板にはお酒のラインナップが書かれ、ハイボールはなんと350円(税抜)!飲み放題は1,500円(税抜)でコース料理でなくても利用でき、気の知れた仲間との飲み会にはうってつけです。今回ご紹介した鹿肉は、100ℊ1,250円のところ、不定期で990円で提供するサービスも実施。

取材に訪れたのは2月ですが、「このロースターがお客さんにとても好評で、3月からはSGロースターをもう一台導入し、“塊肉専門店”として肉類をさらに充実させていく予定です」とのお話も。

「塊肉専門店 大衆居酒屋とろり」は、ライブ感のある料理とお得感満点の酒メニューで、仲間と楽しい時間が過ごせるお店でした。

※文中のメニュー名や価格に変更の可能性があります。

続きを見る